notes

この2ヶ月続いた3つの展示会に、無我夢中。

6ga_4244.jpg
ひとつめは
1/28(土)から2/1(水)までの5日間は
「FUCA企画展 福井のクリエイターが選んだ逸品」の展示。
独自の視点で選ばれた「福井の逸品」は
100点を超える工芸品、食品、風景などが並んで
自分たちの知らないモノも数多く、
参加していただいた55名余りの方々に感謝。

FUCAの実行委員会の人たちも、
寒い時期に何度も打ち合わせを重ねては
現場でも設営から当番、撤去まで
みなさん本当に真面目に取り組んでくれていた。

ハピリンホールは3Fなのに
さすがに駅前、ふらりと入る人もいて
思ったより観覧数も多かったしなかなか良い反応で
何人かはまたやって欲しいとの言葉も。
IMG_2565.jpg
IMG_0045.JPG
IMG_0180.JPG
IMG_0212.JPG
IMG_0041.JPG
IMG_0377.JPG

ふたつめは、その時に併設したパネル展で
参加クリエイターを紹介する[Works]コーナーを発展させた
FUCA企画展「それぞれの仕事、それが生まれるまで」が
3/12(日)~14(火)の3日間
またもやハピリンホール3Fでの展示会。
制作するまでの告知も短く、
広報もままならなかったので、入場者は少なかったが
制作者の考えやそれぞれの仕事の進め方など
今まで見せていない手の内などがわかる展示なので
玄人受けしていた気がする。
これの規模の大きいモノをもっと人を多くしてやっていいかも。
IMG_3932.jpg
IMG_0107.JPG
IMG_3964.jpg
IMG_0122.jpg
IMG_0067.JPG

その二日後にはハートピア春江で行われる
「さかいのグラフィックデザイナー展 6我6中」3つめの展示の設営に。
伊藤 達雄 鈴木 和雄 中野 勝巳 西畑 敏秀 橋本 健一 山本 智恵美
6人のグラフィックデザイナーが参加。

この会場は一人一人のスペースが広く一面は8mもあり、
2年前に行われたE&Cギャラリーの4倍くらいを
埋めなくてはいけないので去年の12月くらいから
図面や展示方法を模索していった。
6人展といっても各スペースは個展に近い。
自分の歴史を振り返り、自分の作ってきたモノを
並べるほかないので新しく作るもの以外は
セレクトするのに一苦労した。

それと、この展示に間に合わせようと
D+の12年間の仕事をまとめたものと
D+以前の僕のやってきたものをまとめた
パンフレット制作に時間を取られ、
展示物はギリギリとなってしまった。

展示準備は無我夢中、展示中は説明に夢中。
前回のE&CギャラリーのAD AND ART展でも
持っていった「版下」や「手描き」のファイルと
若い頃作ったDMハガキが好評で説明をすると
すごく熱心に話を聞いてくれた人が多く
毎日がすごく充実した9日間だった。

来ていただいた方と話をしていたら
すごいご近所の人だったり、
何十年ぶりかの同級生が来たり、
いろいろびっくりの地域密着型の展示会だった。

お花や差し入れ等をいただいたり、遠いところから来てもらったり
この場を借りて、お礼を申し上げます。

展示準備も大変だけど
機会があれば何度もやりたいと思ってしまう
祭りの後の気分のここ数日。
_IGP9526.JPG
DSCN4040.JPG
IMG_0258.JPG
IMG_0133.JPG
IMG_0137.JPG
IMG_4063.jpg
DSCN4044.JPG

prev